「はじめにお金ありき」でスタートしない

FH019_L
予算に縛られた家づくりでは好結果が期待できない
対策はたくさんある。自分に合った方法を選ぼう。←ちなみにこちらからは多くの物件を見ることができます。対策を見て参考にしましょう。
メーカーや工務店に依頼する際に、まずはじめに予算を告げてから、家づくりの具体的な検討に入るということになってしまうわけです。たしかに、ハウスメーカーや工務店の場合は、はじめに予算を言っておかないと、金額がかさんでいく傾向にありますから、しかたのないことだと思います。でも、「はじめに予算ありき」でスタートしてしまうと、予算オーバーしてしまったときに、本来自分たちがもっていた「家づくりに対する希望」をどんどん切り捨てていくことになってしまうのです。これでは本末転倒もいいところで、なんのための家づくりかわからなくなってしまいます。そこで私の場合は、施主と一緒に家づくりをはじめるとき、予算については一切聞かないことにしています。つまり、予算を前面に出して考えるのではなく、家づくり全体を考えるなかに、予算の問題も含まれていると、とらえているのです。予算を最初に掲げてしまうと、いろいろな面でプレッシャーとなって
表れてきます。たとえば、床暖房をこれから家を建てようとするとき、予算の決まっていない家族はありません。施主にとって、家を新築することは一生でいちばん大きな買い物になりますから、資金を捻出するためにローンを組むなどといったマネー計画は、ほとんど終了している場合が多いといえます。ただ、ここで問題となるのが、施主がこの「予算」に固執してしまうということです。その結果、ハウス 設置したいと施主が希望したとします。このとき、「床暖房は高価なので、家の容積や建ぺい率は少なくなってしまいます」などと、いちいちコストのことをとりあげていたら、埒があかなくなるのは、言うまでもありません。