ショールームに行くまえに

FH015_L
ショールームでは、陳列されている商品をただ漠然と眺めるのではなく、しっかりとした目的意識をもって見学したいものです。そのためには、あらかじめ確認すべき項目を押さえておくように心掛けましょう。ここでは、その一例として、浴室とキッチンのチェックポイントを紹介することにします。
浴室
【種類 在来工法とユニットバス】
工期●ユニットバスは、短工期でリフォーム向き。
予算●在来工法のほうが割高。ユニットバスは、機種によって価格の幅はあるが、定価があるので、予算が立てやすい。
機能●在来工法では、自分の好みに合った機能を組み込んだり、好きなパーツを選択する楽しみがある。ユニットバスは、あらかじめさまざまな機能が付いているが、パーツ類の選択肢は数種類しかない。
【浴槽の材質】
FRP樹膳●安価、軽い。傷つきやすく、24時間風呂対応は不可。
ホーロー●高級感あり、保温性大、発色良、衛生的。重量があるため、傷つけると補修が困難。
ステンレス●丈夫、衛生的、保温性大。冷たい感じあり、もらいサビしやすい。
人工大理石(アクリル系)●デザイン性良、カラー豊富、24時間風呂対応可。高価。
人工大理石(ポリエステル系)●デザイン性良、カラー豊富、アクリル系に比べて安価。24時間風呂対応不可。(可のものもあり)。
木質●高級感あり、暇かい感触。高価。特殊加工品を除き、手入れが大変。
【そのほかのチェックポイント】
機能として、ジェットバス・気泡バス・24時間風呂。種類として、和式.折衷式・洋式。設置形態として、据置き・半埋込み・埋込み、などがあげられる。また、水栓金具、排水、シャワーなどにも配慮したい。最終的には、入浴のスタイル・浴室の広さ・設画場所・年齢・身長・清掃性・安全性などから決定する。
ところで、不動産に関するあらゆる情報は、家 高く売る ←こちらから収集できます。
キッチン
【カウンターの材質】
ステンレス●熱に強い。エンボスなど傷の目立たない表面加工が特徴。
人工大理石●デザイン性に優れ、自由な形状が可能となる。色・柄が豊富で、高級感あり。価格高。
メラミンボストフォーム●安価、耐熱・耐久性に優れる。傷の補修は難しい。
天然石●高級感があり、意匠性が大・加工性に難があり。重くて高価。
タイル●目地の処理に防カビを施す必要あり。
*奥行は、60・65・75cmが目安。とくに、カウンター前に出窓がある場合は注意が必要。
【シンクの材質】
ステンレス●ステンレスカウンターと一体型。一般的。
樹囲シンク●ステンレスシンクに樹脂をトップコート。カラフル。刃物の傷などには弱い。
人工大理石シンク●カウンター一体型。メンテナンス性に優れる。高級感、デザイン性あり。
ホーローシンク●発色美しい。硬いため、お皿などが割れやすい。
【シンクの材質】
シングルシンク●70cm前後
セミジヤンボシンク●90cm前後
ジャンボシンク●120cm前後一槽式・二槽式
バーティシンク●アイランドカウンターなどの小型のサブシンク
【そのほかのチェックポイント】
水栓金具として、シングルレバー混在栓・シャワー水栓・浄水器用水栓(専用と兼用)。調理機器として、一般的で安価なガス、安全で熱効率の高い晒気、などがあげられる。最終的には、料理の習慣はもちろんのこと、独立型・セミオープン型・オープン型などのキッチンレイアウトを考慮に入れて決定する。